聴覚に敏感なHSPがAirPods Proを購入してみた感想【ストレスが激減】

・外で作業していて人の声がうるさい。。
・ノイズキャンセリングあるっていうけど、Airpods proって実際どうなん?

っていう悩みを持つ方に、今回はAirpods proをレビューしていきます。

私は聴覚が敏感なHSP(感覚が敏感な人)です。

音楽や何か音が鳴っていると、絶対に寝られれませんし、車のクラクションとか急に鳴る音は本当に無理な人です。

こういった筆者が、Airpods proをメリットとデメリット共にレビューしていきます。

メリット

メリット1.カフェや外出先で無音になる

まず感じた圧倒的なメリットとして、「ノイズキャンセリング」です。

このために購入したといっても過言ではありませんが、正直期待以上でした。

外のカフェとかでパソコンをいじって作業をしていると、かなりの雑音が聞こえてきますよね。

人の話し声、人が出入りする音、カフェを作るスチームの音等々。。

そして街に出ると、車の音、電車の音、お店の音、駅のチャイム等々、いろんな音がなっています。

特に僕みたいに音に敏感な人は、かなりのストレスでしたね、

Airpods Pro買ってから、そういった雑音とストレスが一掃されました。

以下に詳しく解説していきます。

感覚的には耳栓しているよう

これつけて外に出ると、大きな音以外はほとんど聞こえなくなります。

かなり大きな声で話しかけられないとわかりません。

その状態で音楽をかけたら、

相当高い音、大きな音以外はほとんど聞こえなくなります。

先日、自分の部屋で使っていて、ドアをノックされても全然気づきませんでした。

でも実際どのくらいかわからん。。

って方におすすめしたいのは、

百均の耳栓つけてみてください。それと同じくらいな気がします!

それもめんどくさいよ方は、以下の動画を見てみてください。

実際の遮音感がかなりの正確度で再現されています!

メリット2.コードがないので、急に取れたりしない

有線のイヤホンを持ち歩いていると、たまに起きることが、

何かにコードが引っかかって、スパーーンと急に取れることです。

 

別に部屋の中で使っている分には、そんなことはあまり起きないのですが、

  • イヤホンをしながら外走る
  • 運動したりする
  • 電車乗る

こういった時によく起きていました。

そういったことが皆無になりました

ノイズキャンセリングと合わせて、イヤホンを使う上でのストレスのほとんどが消えましたね。

メリット3.電源入れる必要ない

Airpodsでは電源入れる操作が必要ありません。

ケースから取り出して、耳にかければつながります。

通常のBluetoothイヤホンだと、電源を入れる必要があるので、この作業をカットすることが出来ます。

これは気づかなかったかなりのメリットです。

デメリット

物には絶対デメリットもありますので、そのデメリットも紹介しておきます。

デメリット1. やはり高い

やはりちょっと高いのは否めません。

イヤホンの中でもトップクラスなんじゃないかと。。笑

おそらく一番安く買えるのはアマゾンだとおもいます!

(2021年5月時点)1500円分のポイントがつくので、実質29000円で買えますよ。

あと、最悪ダメだったら売れば大丈夫です。

メルカリではあんまり使用されてないやつなら、25000円〜から取引されてます。

ストレスもなくなる、合わなかったら売ればいいで、買わない理由は正直ないです。

デメリット2.有線のイヤホンジャックに使えない

ほとんどのbluetoothイヤホンに言えることですが、有線ジャックしか使えないところでは使えません。

ですが、自分の場合、有線でイヤホンを使うような状況があまりないので、そんなに問題はありません。

どうしても必要な場合は、ワイヤレスでつなげることもできる機器があるので、こちらをチェックしましょう!

まとめ

メリットとデメリットをまとめてみます!

メリット
  • ノイズキャンセリングがすごい
  • 急にコードが取れない
  • すぐに電源入る
デメリット
  • 高い(アマゾンが一番安い)
  • 有線のイヤホンジャックが使えない(別の機器で対応可能)

ぜひ、快適な無音生活を送ってみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です