あなたが絶対見落としている日本のいいところ2点【25カ国行った経験から語ります】

こんにちは。けいた(@keita19950)です。

今回は、海外留学や旅行で25カ国行った経験から、「日本のいいところ」を語りたいと思います。

「食べ物美味しい」、「安全」とかみんなが言っているようなことは抜きで語りますよ

綺麗な飲み水が超簡単に手に入る

日本に住んでいる時点で、「水」で困ることはまずありません。

家に水道はあるし、外にいっても公園等々で簡単に水は手に入りますよね。

「明日飲む水がなくて」って困っている人、周りでみたことありますか?

多分あんまりないですよね。

実は、「水に困らない」って世界ではめちゃめちゃ恵まれています。

「綺麗な水」、「飲める水道水」二つへのアクセスは世界でもかなり少数

まずそもそも、綺麗な水にアクセス出来ることは、かなり恵まれています。

2017年のユニセフの報告によると、世界では、大体10人に3人、21億人くらいが安全な水を使うことができません。

結構多い。。

しかもその中でも、日本人は「蛇口から直接水が飲める」っていうありえない超特権を持っています

世界でも大体15カ国ぐらいしかないって言われてます。

世界には大体250の国と地域がありますので、綺麗な水が水道から出てくる時点で、日本は水だけで言ったら上位6%の国に位置しています。

先進国でも全然水道水飲めないところもありますよ!

僕が南米に行った時は、そもそも水道が存在せず、ペットボルを買うしかないような地域もありました。

水道が通っていない、ボリビアの奥地の町の丘から撮った写真です

「水道水が飲める」、「しかもうまい」っていうのは、絶対日本のいいところですね。

日本全国でネットのアクセスがある

日本には、全国を網羅するネットアクセスがあります。

人が住んでいるところであれば、圏外がほとんどありません。

これは圧倒的な良いところですね。

しかも、この日本経済新聞のニュースによると、2023年には日本国内の圏外の地域がほぼゼロになるみたいですね。

ネットがほぼどこでも通じるってのは実は驚異的です。

今まで行った地域だと、以下の地域でスマホが使えませんでした。

  • ロンドンの地下鉄(2019年時点)
  • ボリビアの都市部以外のところ

ボリビアではそもそも電気が通ってなかったり、不安定なところもありました。

ロンドンは、もう通じるみたいですね

そういう意味では、日本全国どこでもネットも電気も通じる日本ってめちゃくちゃ恵まれてます。。

まとめ

今回のことをまとめると、以下の感じです

  • どこでも水が簡単に手に入る
  • ネットがどこでも通じる(しかも早い)

です。

じぶんの持っているものに感謝しながら生きていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です