ストレングスファインダーをやってみた【自分の強みが分かる】

こんにちはケイタ(@keita19950)です!

みなさん、ストレングスファインダー(Strength Finder)って知ってますか?

何なのかというと、かなり世界的に使われている「自分の強み診断テスト」です。

これをやってみると

  • 自分ってこういう強みがあったのか!
  • こんな風に周りから思われてるのか

って思うことができます。

本当にオススメのテストなので、今回はその紹介をしていきたいと思います!

ストレングスファインダーとは?

まず「ストレングスファインダー」って何なのかというと、

米Gallup社が提供する、オンライン才能判断ツールです。

就職の時、「適職診断」みたいな感じで、質問に答えると適職が分かるみたいなのありましたよね。

あれの上位互換みたいな感じです。

いくつか質問に答えていくと、あなたの強みが分かるようなテストです。

信頼性がすごい

このテストなんですが、心理学的な学術的バックグラウンドに基づいた、超科学的なテストなんです。

 

これを作ったのは、ポジティブ心理学の父って言われている、ドン・クリフトン氏です。

https://www.gallup.com/cliftonstrengths/ja/253760/%E6%AD%B4%E5%8F%B2-CliftonStrengths.aspx

この方心理学の研究者だった人です。

何を研究していたかというと、

 

「人の強み」

 

をひたすら研究していたそうです。

ネブラスカ大学で教鞭をとりつつ、「人の強み」に関する研究を重ねていました。

  • 人はどうすれば自分の強みを見つけられるのか
  • どうやって強みが活きる仕事を見つけられるのか

こういったことばっかり考えていた人です。

亡くなる直前にはアメリカ心理学会から、「強みに基づく心理学の父」として大統領表彰を受けたそうです。

いうならば、「人の強み」のプロフェッショナル中のプロフェッショナルです。

そんなクリフトン氏が作った、「強みを見つける」心理テストの最強版が、ストレングスファインダーです!

全世界で2000万人以上受験

現在は、クリフトン氏が創業した米国のGallup社という会社が実施しています。

実績としては、全世界でこんな人数の人が受けています。

 

約2400万人

 

いや普通に考えたらやばいですよね。

  • 東京
  • 大阪
  • 京都

ここに住んでいる人一人残らず全員受講してもまだ足りません。

 

こんな実績があるテストなんで、超大企業の人事でも使われているみたいです。

調べた中でも、

  • サイバーエージェント(Ameba等を運営しているIT会社)
  • アクセンチュア(米系大手コンサル会社)

等で導入実績があるみたいですね。

なので、めちゃくちゃ信頼性のあるテストなんです。

テストの内容

このテスト自体は180個程度の質問で構成されています。

そのテストをGallup社のホームページで答える形になりますね。

1個20秒から30秒程度で答えられるので、時間としては30-40分位かかります。

わりと時間かかりますが、その分深く分析してくれます

その結果は、テストをおこなったGallupのホームページもしくはアプリから確認できるようになります。

やってみた結果

テストを受けると、約36個の「強み」がレポートにまとまって渡されます。

これだけでもめちゃくちゃ多いんですが、その中でも特出した強みは、5つピックアップされて表示されます。

この5つは、特出した「自分の強み」になります。

自分がやった結果の中で、「特にこれは当たってるな」と思った3つ紹介していきますね!

調和性:和を大事にする

  • 和を大事にする
  • 異なる意見を持っている人同士の中では、その中で共通する部分を見つけ出そうとする。

こういう強みがあると、診断レポートでは書かれていました。

これはめちゃくちゃありますね。。

喧嘩してるところだとストレス感じがちなので、どうにか収めようと努力しがちです。

公平性:人を平等に扱える

  • 地位とは関係なく、人々を平等に扱う必要性を強く感じる
  • 人を地位に関係なく平等に考えられる

これはめちゃくちゃ当たってますね!

地位とかで差別するのは本当にやりたくないことの一つです!

地位とかで差別するのは本当にやりたくないことの一つです。。!

こんなことも書いてあって、納得感しかありませんでした。

あなたにとって、バランスはとても大切です。あなたは、地位とは関係なく人々を平等に扱う必要性を強く信じています。

適応性:予想外のことに挑戦していく力がある

  • 計画に固執せず、いろんなことに挑戦をしていく
  • 自分の計画外のことが起きても、それに順応していく力がある。

これはめっちゃそうですね笑

「計画性がない」ってコンプレックス抱きがちだったんですが、こう言われるとたしかに長所にもなりうるような気がしました。

こんなことも書いてありました。

突然の要請や予期せぬ回り道に憤慨する人も中にはいますが、あなたは違います。あなたは、それらを期待しているのです。それらは必然のことであり、実のところ、あなたはある程度それを待ち望んでいます。

いわゆるHSS型HSPの方はこれが多いんじゃないでしょうか?

強みを理解して、それを活かした仕事ができるようになる

「あなたの強みは何ですか?」

って聞かれると、正直よく分からなくないですか?

「いや、分からんわそんなの。。」

とか卑屈になってしまいがちです。

 

実際、前も自分もそんな感じで思っていました。

ですが、

ストレングスファインダーを受けると「自分の強み」をめちゃくちゃ科学的に理解することが出来ます。

これはそもそも、「強みを活かす仕事」を見つけるために作られた心理テストでもあります。

自分の強みを理解することが出来れば、結果も出やすいです。

 

僕は実際これを受けて、「公平性」の強みを活かした副業をやって少しずつ結果が出ています。

何より自分の強みを活かした仕事をすると、めちゃくちゃ楽しいですね。

ぜひあなたもストレングスファインダーを受けてみて、「強みを活かせる仕事」を考えてみましょう。

仕事じゃなくても、「僕の強みはこれです!」って分かると自分の自信にも繋がりますよ!

受験方法

今回は、米国Gallup社が実施している、ストレングスファインダーを紹介してきました。

Gallup社のホームページから申し込みも出来ますが、少し割高なので、この本を買ってやってみましょう。

この本にテストを受験できるコードが付属しており、それを使えば全く同じテストを受けることができます!

  • 自分の強みが分からない。。
  • 自分って良いところあるのかな。。

こういうお悩みを解決することができると思いますので、ぜひやってみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です